子育てダンサーkazmagnumの、フランス語つまみ食い生活(海外時事ニュース)

なんとなく独学で始めたフランス語をダラダラ続けながら、 2人の息子(1歳児と2歳ポメラニアン)の育児に踊り狂っております

カテゴリ: 暮らし

こんにちは、カズマグナムです。


最近ほぼ毎日息子カズマグナム 2号を連れて家の直ぐ近くにある公園に散歩に行くのですが、多分そこで虫(虻か何かかしら?)に刺されたのかして、足が猛烈に腫れてしまいました。。

かつて山の中にキャンプに行って虫に刺されたとき同じように腫れたことがあったのですが、今回もそれと同じくらい腫れて、痛みも結構あって、まさか大阪の街中にある公園でこんなに強い虫刺されにあうなんてって感じでびっくり。

一時は病院に行ったほうがいいと言われるくらい腫れてたのでびびってましたが、とりあえず自然治癒に任せておいて今は治ってきたので一安心です。

ちょっと自然が多いとはいえ街中の公園なので侮ってましたのですが、虫除けはちゃんとしないとなーと反省。




さてさて、今日もフランス語紙のご紹介でーす。




↓(ルモンドの記事)

FullSizeRender


↓(記事のURL)







タイトルは、
「サハラ以南アフリカでは、コロナウイルスより致死性の高い他の感染症が人々を苦しめ続けている。」
という感じでしょうか。





先進国を中心として始まった新型コロナウイルスによる感染症はアフリカ大陸にも広がりを見せていますが、この地域特有の問題から更なる深刻な事態を引き起こしています。

サハラ以南のアフリカは常日頃マラリアや結核、腸チフス、麻疹、エボラ、髄膜炎などウイルスによる様々な感染症に悩まされてきています。これはアフリカがもともとウイルスの増殖に適した高温湿潤の熱帯気候であることに加え、政府の怠慢によって医療システムは脆弱で、人口の爆発的増加、経済の急成長、そして気候変動といった数々の問題が原因と考えられます。

そんな中、新たに新型コロナウイルスが感染症リストに加わることで医療体制に余裕がなくなり、既存の感染症に対する対処が手薄になってしまっています。コロナ対策に人員や医療品が集中してしまっているため、マラリア対策のための蚊帳が供給されなかったり、抗エイズウイルス薬の処置や予防の為のワクチン摂取が先送りされてしまっているのです。

ただ一方で、アフリカの医療従事者はもともと様々な感染症の恐怖に直面してきているため、コロナウイルスがアフリカを襲ってきても迅速且つ冷静に対処することが出来ており、ウイルスの広がりはそれほど大きくなってはいないようです。




<今日のフレーズ>
今日は記事の終わり、感染症と共に歩いてきたアフリカの強みについて語る一文をご紹介します。

« Le continent fait preuve de résilience dans sa bataille contre le Covid-19. ・・・Malheureusement, les épidémies font déjà partie de notre quotidien. »

「(アフリカ)大陸はコロナウイルスに対する回復力を持っていることを証明しています。不運にも、感染症は既に私達の日常の一部となっているのです。」




アフリカには先進国では見られないような感染症が蔓延しているので、多くの人はアフリカに対して何となく「大変な地域」或いは「遅れた地域」という印象をもっているのではないでしょうか?ですが、アフリカの医療人は常に感染症と対峙してきたからこそ、逆にその戦い方を知っている。

「先進国」という看板を持つ国は、常に途上国を「支援する」、「援助する」というスタンスに立ってきたのではないかと思います。実際、医療技術やノウハウなどは外国から派遣された人間によって培われてきたのは確かだと思いますが、感染症と直に対峙してきたのは、その国の医療従事者です。そして、その経験は彼らに、技術や知識だけでは太刀打ちできないような領域の何か(経験則のようなもの)を与えたのだと言えます。


感染症は、グローバルな発展による様々な弊害がもたらした負の遺産だとも言われます。そんな負の遺産をいち早く押し付けられた途上国は、逆に本当の遺産を最初に産み出すことができたと言えるかもしれません。

彼らから僕たちも学ぶべきことが沢山あるのかもしれませんねー。



てことで、今日はこれでお終い!


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


こんにちは、カズマグナムです。

突然ですが、今アニメの「攻殻機動隊」に再びハマっています。
再びといっても、10年くらい前に士郎正宗氏の原作漫画を読んだことがあっただけで、しかも当時は難しすぎて訳がわからん!って感じで終わってしまっていたのですが、Netflixでアニメが配信されてたので懐かしい気持ちで何となく見始めたら、面白くて止まらなくなってしまったのです。


原作漫画と比べるとアニメの方は情報量も圧縮されてるので割とすんなり入り込めたし、音楽も美しくて、世界観にどっぷり浸かることができました。で、一通りアニメを観た上でもう一度原作漫画を読むと大分すんなりと理解できて、改めて作者の知識と先見性すげーな(というかオタクなのか)と思いました。

まだまだですが、ようやく現実が漫画の世界に近づいてきてるというか、AIと人間の境界とか、個性とは何かとか、深く洞察されててほんと面白いです。



あー面白い作品って一度観出したら止まらなくなるから、気をつかないとなー。



てことで、今日もリベラシオン紙から記事のご紹介でーす。




↓(リベラシオンの記事)

FullSizeRender


↓(記事のURL)







タイトルは、
「自粛期間、セレブ達には何ができるのか??」
という感じでしょうか?





コロナウイルスのパンデミックによる自粛で、これまで見過ごされてきた仕事の重要性や意義、人間社会の在り方などについて改めて考えさせられる場面が増えているように思います。 その中でも度々<経済格差><男女格差>が問題として取り上げられていますが、ネット社会の発展に伴って、 <セレブと一般庶民との格差>も際立つようになってきました。


近年はTwitterやFacebook、InstagramやYouTubeなどの媒体を用いて、セレブと呼ばれる人々が自身の生活や思想などを発信することが増えてきています。これまで、才能や魅力に満ち溢れたセレブ達は<成功の象徴><アメリカンドリームの体現者>であり、彼らがネットを通して発信する豪華な家やパーティーの様子などの写真や映像は、人々に夢を与えるものでした。

しかし、コロナウイルスにより多くの人々が何らかの形で苦境に立たされる中、パンデミック前と変わらない(寧ろ弱者への配慮を欠いた)セレブの発信は格差を一層際立たせるものとなり、また陰謀論などの政治的な発信が増えたことが、却って過酷な状況を生きる人々の反感を買うようになったのです。





<今日のフレーズ>
今日は、人々がセレブに求めているものは何かについて考察する一文をご紹介します!

Peut-être que, en ce moment, nous n’avons pas vraiment envie que les célébrités nous inspirent ou nous fassent réfléchir. Nous préférons qu’elles gardent le même rôle en ligne que dans la vie avant le confinement. 

「おそらく今この瞬間人々がセレブに求めているのは、彼らから刺激を受けたり考えさせられたりすることではありません。私達はセレブが自粛生活以前と同じような役割を果たしてくれることを望んでいるのです。」






日本でも阿部首相が自粛生活を乗り切ろうという国民へのメッセージとして、家でくつろぐ動画を発信したことで大顰蹙を買っていたのが記憶に新しいですね。この首相にしても先述のセレブにしても、共通するのは「弱者などへの想像力の欠如」と「ノブレスオブリージュ(社会的地位の高い人が持つべき義務)の欠如」ではないかと思います。

自粛したくても生活の為に働かざるを得ない人や、自粛によって働けず生活の基盤を失いかけている人々がたくさんいる中で、「外出せずに家でゆっくりしましょうねー」なんて言われても「コイツ何言ってんだ?」ってなるのは当たり前です。セレブへの批判に関しては、ジェニファー・ロペスがTwitter上でレストランの閉店を嘆いていたそうですが、それも「想像力の欠けた」自分本位の浅はかな発言であると言えます。

社会的地位や発信力のある人がこういったときにすべきことは、苦境を強いられる現状を嘆いている人に向けて理解を求めるような、励ますような発言をすることではないかと思います。つまり不満を持った大衆を勇気づけることであって、大衆と一緒になって現状を嘆くことではありません。


こういった危機の際に、本当に精神的に優れた人とそうでない人との差がはっきり現れてくるものだと言います。「買い占め行動」にも見られるように、どうしても人は自分本位で物事を考えてしまいがちですが、一歩立ち止まって他者へ想いを馳せる、そんな心を自分も持たなきゃなー。。






てことで、今日はこれでお終い!


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


こんにちは、カズマグナムです。

最近はほぼ一日中家にいて、家を出るのは朝の息子との散歩の1時間だけで、しかもその散歩も家の目の前にある公園なので全然出掛けてる感がありません。ただ、だからといって部屋着のまま出掛けると生活にメリハリが無くなってしまうので、どれだけ短い外出でも、最近は毎日きちんと着替えるようにしてます。そうするとちょっとは気持ちがオンになるので、長い自粛生活でも何とか糸が切れずにやってこれてるような気もします。


もうすぐ出口が見えてくるのか?ちょっとわかりませんが、とりあえず今日でGWも終わりですねー。明日からまた非日常の日常が始まります。頑張らないと!



ところで、前回の記事紹介のブログで出てきた<la petite reine>という表現について、記事を書いたときはよくわからなかったのですが、実は自転車そのものを<la petite reine>と呼ぶのだと教えてもらって、それを紹介する記事も教えてもらったので、今回はその記事をご紹介したいと思います!


FullSizeRender


↓(記事のURL)







タイトルは、
「なぜ自転車を<小さな女王>と呼ぶのか?>
というものです。





自転車を何故<la petite reine>と呼ぶのか?この表現はオランダの自転車好きのヴィルヘルミナ王女に由来しているようです。

1890年当時10歳だった王女は、王宮の中を自転車で走るのが習慣だったそうで、1898年に王女がフランスを訪れた際、フランス紙の記者が<petite reine à bicyclette>と表現したのが始まりだそうです。そこから<reine bicyclette>という表現を経て、1911年に<petite reine>と呼ばれるようになりました。


ヴイヘルミナ王女は1948年に退位するまで自転車に乗る習慣を続けており、その後彼女の息子で現オランダ国王のウィレム=アレクサンダーもこの伝統を引き継いでいるようです。このことから、オランダは時に<monarchie à bicyclette:自転車の君主国>と呼ばれています。



<今日のフレーズ>
今日は記事の冒頭、自転車が<小さな女王>と呼ばれる所以についての触りの部分をご紹介します。

"Si le vélo s’appelle la petite reine… C’est à cause d’une reine des Pays-Bas, grande amatrice de vélo ! "

「自転車が小さな女王と呼ばれる所以は、、、偉大なる自転車愛好家のオランダ女王に因んでいるのです!」




語源って単語を見たら分かるものもありますけど、こういうのは全く想像もつかなくて、でも知ったらなるほどーって感じで面白いですね。しかも単なる女王の趣味みたいなものが、そのまま王室の伝統になってるってのも興味深いです。

自転車の習慣なんて一国にとって大事なことではないけど、ゆとりというか遊びというか、そういうのがある方が国民に親しまれる王室になるんだろうなーと思います。
日本の場合はそういう意味では、上皇も天皇も国民に寄り添っている印象がありますが、決定的に詰められない国民との距離感みたいなものがある気がします。いくら親しみやすくても、神聖な近寄り難さがあるというか、、。やっぱり国王と天皇っていうのは、同じようでいて全然異なる存在なんだなーって気がします。




てことで、今日はこれでお終い!


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ











こんにちは、カズマグナムです。


今年のGWは長くなりそうだなーと思っていたところが、もう明日で終わりだなんて、何か思った以上に時間が過ぎるのが早い気がします。


ほぼ一日中家にいるけど、ずっと息子カズマグナム 2号と過ごしていると、本当の意味での「暇」なんて全くないので、そう感じるのかもしれません。それに夜中や早朝に頑張って時間を作って映画を観たりもできてるので、案外充実した休みになってるような。



果たして休み明けの情勢は一体どうなってるのやら??まだまだこの生活が続きそうな気がしますが、まあそれならそれで、有意義に過ごしていきたいなと思います!



さてさて、今日のつまみ食いフレーズはこれ。


FullSizeRender





「複数言語を話す人は、話す言語に従って無意識のうちに人格を変えることができる。」




確かに外国語を話している時って、自分が自分ではないような気になる時があるように思います。普段の自分の性格や振る舞いとは違う一面が、海外旅行の時に現れたりすることが僕もあったのですが、これって、言葉と共に人格が変わってるってことなんですかね??




不思議ー。




それではまた。


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!






にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

こんにちは、カズマグナムです。


最近、めっちゃ今更ながら映画の「猿の惑星シリーズ」を観ました。そのシリーズ4作目は、人類が奴隷化した猿が反旗を翻し、人間を支配するようになるまでを描いているのですが、そこで出てくる猿の怒りの表情が、たまに見せるうちの愛犬ポメマグナムの怒りの表情と似ていて、もしやそのうちポメマグナムも反旗を翻して襲ってくるのではないか?何ていう変な妄想が頭に浮かんできて、あーもっと優しくきゃなーと改めて反省している今日この頃。



さてさて、コロナ渦でずっと家で息子をみていると、案外ブログとか書く暇がなくかなりサボってしまってますが、久しぶりに今日も記事のご紹介でーす。


↓(ルモンドの記事)

FullSizeRender



↓(記事のURL)







タイトルは、
「自粛生活対策に向け、自転車の利用を促すための2000万ユーロの政府案」
という感じでしょうか。





新型コロナウイルスで隔離生活が続いている中、隔離が解除されてから再び街の公共交通機関などに人が溢れて感染リスクが再発しないように、自転車の利用をさらに促進させる政策が進められています。

フランスでは他国と比べて、日常の移動手段としての自転車の導入が比較的遅れており、その利用も1日に5キロメートルに満たない人が全体の60%を占めています。

これを受けてフランス政府は、自転車駐車場を新たに設ける土地や建物の所有者等への補助や、50ユーロまでの自転車修理費補助のために、総額20万ユーロを費やすことを発表しました。

また、自転車の利用は運動不足の解消や人の密集を避けることにつながるため、生活必需品以外の店舗が休業になっている中でも、自転車の販売は認められているようです。



<今日のフレーズ>
今日は、今回の政府方針に関するエリザベス・ボルヌ環境大臣のコメントをご紹介します。

"Nous voulons que cette période fasse franchir une étape dans la culture vélo, et que la bicyclette soit la petite reine du déconfinement en quelque sorte"

「私たちは今回の自粛期間が自転車文化の水準を高めてくれ、自転車が脱隔離生活のためのある種の<小さな女王>となることを願っています。」

↑「小さな女王」って何だろ?「切り札」的な意味で使ってるのかな??ちょっとどう訳したらいいのかよくわかりませんでした、、、悪しからず。



てかフランスって自転車結構普及してるイメージだったんですが、ヨーロッパの中ではそんなでもなかったんですかね??意外。


僕は大阪の中心部に近いところに住んでいるので、移動は専ら自転車です。車や公共交通機関に頼らずとも、普段の生活であれば自転車があればまあ事足りるという状況なのですが、ただ自転車の数に対して余りにも駐輪場が少な過ぎるなーと感じます。

折角移動は自転車で行けても止めるところがないと、結果お店の前に止めたりとか路上駐車したりしてしまうことになります。駐輪場さえあればそこに止めるのですが、そもそもそれがなければ止めたくても止められないので、不法駐輪も全然減らないんだと思います。駐車違反を批判したり取り締まりをいくら頑張ったところで、根本的な解決ができなければ多分何も変わらないのではないでしょうか??まずシステムを整えることが優先であると思います。

とはいえ日本の、特に街中は、道が狭いし建物が犇いているので、自転車のための道路はまだまだ少ないし中々駐輪スペースがないのが現状ではないでしょうか??日本は狭い空間の中に人が密集している国なのでまあ難しいと言えば難しいのですが、それでもまだまだ改善の余地はあると思います。



ところで日本はエネルギー分野では石炭火力から脱却できないことで世界から批判を受けていますが、交通政策においてもやはり世界から大きく出遅れている感があります。ライドシェアも法律の関係とかで中々進まないみたいだし、、、ここらでもう少し意識を変えていかないと、ちょっとまずいのではないかしら?


コロナウイルスであらゆる生活の在り方が見直されている中大きく転換するチャンスでもあると思うので、「コロナ後」を見据えた交通政策を日本も何か打ち出してくれればなーと思います。




てことで、今日はこれでお終い!


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ








このページのトップヘ