こんにちは、カズマグナムです。



今回の記事は脳の働きや記憶についての内容なのですが、最近「学習」というワードでよく付随してくるのがICT(internet and communication technology)化という流れ。まあ簡単に言えば、あらゆる学習活動をコンピューターやインターネットでやってしまおうというものです。勿論現在は学習に限らず、もはや世の中全てがICT化されつつある時代でもあります。

ただ、僕も一応教育に携わっている人間で例にもれずICTはかなり利用していて、どちらかと言えば恩恵をどっぷり受けている方なのですが、正直ICTそのものによる学習効果には疑問を感じます。それにICT化がもたらす未来についても。


ICTの利点は一言で言えば「効率化」「便利」といった言葉に集約されると思います。それによって人間の手間が省けるし、人間がやるよりもっと複雑なことをコンピューターで簡単にできるようになる。わざわざ遠くの人に会いに行かなくてもPC上で用件はすんでしまう。省けた時間で人間は創造的な活動を行うことができるなどなど( 時間ができたからって人間は創造的になれないのはまあ自明のことなんですけど)。数年前まではほとんど目にすることもなかったリモートワークやテレワークなんて言葉も既に当たり前のワードになっています。


でもこういう利便性の名のもとに間のプロセスをすっ飛ばすことが、果たして喜ばしいことなのか??人を幸せにするのか?何かを失ってはいないのか?


学習でいうと、ノートや教科書を全てタブレットにしてしまおうというのが今の教育界の主流。筆記用具や本はいらない、遠隔授業もできてチョー便利っしょ??てなわけなんですが、それでいいのか?(まあ遠隔授業についてはコロナ感染を避けるという名目でかなりの市民権を得ているわけですが、これは例外中の例外なのでひとまず考えないこととして)

学習がICT化されると、例えばお気に入りの筆記用具を揃えたり書きやすいペンにこだわるとか、装丁に惹かれて本を買ってしまうとか古本に時間の経過や歴史を感じ取る、ページを繰る手触りや音を感じるとか、人との直接のやりとりで偶発的に生まれる会話を愉しむとか、握手やハグで距離が縮まるとか、そういった「身体的な活動」が一切失われてしまいます。というか、そういった活動は全て「無駄なもの」として切り捨てられていくのです。本当はそういった「無駄なもの」が人間を豊かにしているのだということに気付かずに。


無駄なものが削ぎ落とされていった先に残っているものというのは、個性が消えてつるつるになった世界。「他者」がいない世界。「身体的な活動」が失われて「頭(イメージ)だけ」になった世界。実体のない世界。

ICTは世の中を良くするというけれど、その結果・未来は来ていないのでまだ誰もどうなるかは知らない。でも僕は、どんどん人間の活動が失われて、個が希薄化して、違いというのもなくなって、最後には人間が存在する意味すらなくなってしまうんじゃないかって思ってしまいます。





とまあこんなことを考えたのも、今日Netflixでクリント・イーストウッドの「マディソン郡の橋」を観たから。

IMG_20210222_172634




どういうことかというと、この映画は夫と子供のいる農家の主婦が、家族が出かけている4日間の間にたまたま出会った写真家の男と「一生に一度の確かな愛」を感じ合いつつも、現実の生活からは逃れられず涙ながらの別れをする、二人はもはや会うことも連絡を取り合うこともできないままに、互いへの愛を大事にしつつ元のまま残りの人生を生きていく。
という、下世話な言い方をすればまあ「不倫」の話なのですが(決して不倫を否定するのではなく、映画自体はめっちゃ感動しますよ!)、今の時代ではこんな話絶対成立しないよなーと思ったわけです僕は。

だって今はみんな携帯電話・スマートフォンを持ってるし、世界中どこにいたってSkypeとかでつながれるし、「 もう一生会えない」なんていう別れは有り得ない。現実にもし同じようなことがあっても「また連絡するねー」で終わってしまう。よく考えたら、なんてつまらないんだこれ!「一期一会」なんて言葉すら最早現実には死語なのかもしれない。。






ICT化はこんな素晴らしい映画の誕生すら不可能にしてしまうのか。と、しみじみと感じられた今日このごろ。何だかもやもやしてしまって前置きがとてつもなく長くなってしまいましたが、今日の記事を以下ご紹介します!









↓(oh chouetteの記事)

IMG_20210215_133424




↓(記事のURL)

今回の紹介記事





タイトルは、
「脳が何を学ぶかをどう決めているかがついに判明」
という感じでしょうか。





間脳にある「視床下部」は従来、食欲や性慾、ストレスといった本能的な感覚を司る領域であると考えられていました。ですが、スタンフォード大学と中国の科学者チームで行った研究によると、視床下部の室傍核という領域が「 情報の整理」を担い、学習の質を左右しているということがわかりました。


研究チームはマウスを用い、まず最初に、水を飲むときにそれに先立って匂いの刺激を与えることで、水と匂いという2つの刺激を結びつける作業を行ないました(いわゆる条件付け)。

その後、同じ匂いを嗅がせたあとに不快な強い風をマウスに当てて、今度は風と匂いを結びつました。そしてそのマウスの視床下部の細胞の働きを調べると、半分の領域は匂いに反応し、半分の領域は風に反応しました(水の情報はなくなった。)

さらに、匂いを嗅がせたあとに風よりも不快な刺激である電気刺激を与えて、同様に視床下部の細胞を調べると、予想に反して視床下部の3分の1が匂い、3分の1が風、3分の1が電気刺激に反応するという結果になりました(風の情報はなくならなかった。)

つまり視床下部では、自動的に新たな情報が上書きされるのではなく、必要な情報かそうでないかを選別しているらしい(不快な情報は残りやすい?)ことがわかります。


この結果から研究チームは、視床下部が情報の整理に関わっているのであれば学習にも何かしらの関与をしていると考え、視床下部の働きをコントロールできるよう遺伝的改変を加えたマウスを使った実験を行い、視床下部の働きが学習の質を左右しているらしいことを確かめました。





今回の発見は実際的な治療への応用も考えられています。例えば、視床下部の働きをコントロールすることで薬物やタバコ、アルコールなどから得られる快楽の感覚を消去することで、中毒患者を治療することができる可能性があるというのです。





<今日のフレーズ>
今日は記事の冒頭、未知なる脳についての導入部の文章をご紹介します!


"Le cerveau, malgré la science qui ne cesse de se développer au fil du temps, reste l’un de ces mystères que nous avons encore du mal à percer aujourd’hui, et pour cause : bien que le mythe qui raconte que nous n’utilisons que 10 % de nos capacités cérébrales soit totalement faux, le fait est qu’il reste l’un des organes les moins connus, mais surtout le plus complexe de notre organisme."


「時とともに進歩し続ける科学をもってしても、脳は未だに未解明の謎であり続けています。そのために、私たちは脳の僅か10%しか使っていないという神話は完全に間違いで、実際は、脳は最も複雑な器官でほとんどその仕組みがわかっていないのです。」












学習の質が視床下部の働きと関わりがあるということは、興味がないこと・嫌いなものを学んでもなかなか身につかない(共にストレスを感じる状況下)、良いことよりも嫌なことの方が頭に残りやすい、という事実についても何となく納得できる気がします。


何故そうなのかは良くわからずあくまで僕の勝手な想像ではありますが、元来動物の脳は「快楽を求める・不快を避ける」という方向性に進化しているのかもしれません。ストレス下では学習よりも生存本能に従う行動の方が優先されるとか、不快なことには二度と出会わないように頭により記憶しやすくなってるとか、そういうことなのかも??だから大脳と視床下部は独立器官ではなくて連携し合うようになっている??


また、動物としての本能や基本的な体の神経的・ホルモン代謝的な制御を行っているのが視床下部なので、それをもう少し拡大して考えると、大脳は体全体の働きそのものと繋がっているとも言えるのかもしれません。体が不調であれば脳の記憶にも何かしらの影響があったりするというのは何となく感覚的に頷ける気がするので、体の健康がそのまま脳の働きを向上させることになるのかも。



記事冒頭でも書いたのですが、最近はどんどんICT&効率化の流れが加速してきているし、学習=頭(大脳)っていう単純な構図になっている気がします。便利になればなるほど効率化していって、時間がかかる面倒なプロセスをすっとばした、言い換えれば「体の介在が失われた学習」に変わっていってしまいます。その流れを止めるというのは難しいですが、非効率の中にも学習に寄与するものがある、時間をかけて学んだものほど「体に染み付いて忘れにくい」と僕は考えているので、視床下部が学習に関与しうるという今回の研究は何となくそれを支えるような内容のものでちょっと安心しました。
記事の実験では、視床下部の何をどう刺激して学習効果が変化したのかがよく分からなかったので、もっとはっきりとしたデータが出てくるのか、今後を期待したいと思います。






てことで、今日はこれでお終い!



À bientôt !!






↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!







にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ