こんにちは、カズマグナムです。


今年の春から夏にかけて、何故か急に体重が増えだして、職場で去年健康診断があったときに測ったときと比べて体重が2kg増、ウエストに至っては7センチ増という、看過できない状況となって以来、普段の朝食・昼食のおかずを一品減らし、夜ご飯はお米を80gに減らして( もはや2歳児のカズマグナム2号と同じ量!)おかずもそれまでより量を減らすなど、食事管理を徹底するようになってからはや4~5ヶ月ほどが経ちました。


状況はというと、体重はもとに戻り、ウエストは増加前よりさらに2センチ減となって、なかなか順調な結果を出しています。たまーにはおやつを食べたりもしますが、寝る前とかに食べなければ何とか現状を維持できそうです。ただ、土日などは活動量が少なくなるせいかして、ちょっと油断するとすぐ反動で増加してしまいます。まあ、その翌日とか気をつけて節制すればもとには戻るのですが、、、。



しかし、今の状態を維持するのにこんなに食生活を意識しないといけないなんて、、、。ほんと、年齢を重ねる毎に代謝が低下していくさまをまざまざと見せつけられているような感じがしますねー。


生物は常にエントロピーが崩壊する方向に突き進んでいるという重い現実。秩序を保つにはそれ以上のエネルギーでもって崩壊を食い止めなければならない。

ダイエットというのは、生半可な生命活動ではないのだと、改めて感じる今日この頃。





さて、今日はたまたま検索で見つけたフランス語記事が面白かったのでご紹介します!





↓(OBSの記事)

IMG_20201209_142820


↓(記事のURL)

今回の紹介記事へ







タイトルは、
「ステイホーム:麺のガイジン<ネコラーメン>」
という感じでしょうか?






コロナウイルスによる自粛で外出が思うようにできなくなっている今、パリで「ラーメン」が注目されています。


< Un ramen c’est le meilleur plat du monde, c’est bon, pas cher et copieux >ラーメンはおいしくて値段が手頃な上、簡単に作れる世界一の料理だ」



パリで日本人が多く居住するSaint-Anne通りで「Neko Ramen(ネコラーメン)」を営むSedrik Allani氏はそう語ります。


 
もともとラーメンは<la mian>という、中国語で<nouille tirée(引き伸ばされた麺)>という意味の言葉から来ており、19世紀に中国人の移民によって日本にもたらされたものが独自に発展し、今では日本を代表するストリートフードになっています。



Sedrik Allani氏は日本でラーメン修行をした経験を持ち、スタンダードな「とんこつ」・「みそ」・「しょうゆ」をベースに、ビーガン向けにこだわり抜いた新鮮な野菜をふんだんに使ったりなど独自のアレンジを加えた味で、パリで本物のラーメンを広めようと努力しています。

また、他にも"うどん"、"そば"、"唐揚げ"といった日本の定番食も提供しており、デザートには餅を添えた緑茶や黒ごまのアイス、抹茶ミルクのチョコレートクッキー、ゆずを使ったチーズケーキなど、食べるだけで日本を味わえるものが揃っていて、まさに「food trip」を楽しめる店になっています。






そしてSedrik氏にはさらに、ラーメンの「表記」や「食べ方」に対しても強い思い入れがあります。


ラーメンはフランス語で「lamen」と表記しますが、これは"l"を"r"にしてしまうと、"r"は日本人には発音しづらい音なので「本物」とは言えない、と彼は考えています。


また、欧米ではスープは本来音を立てずに食べるのがマナーですが、ラーメンを味わうためには麺やスープを「<zuzutto(ズズッと)>音を立てて吸う」ことが欠かせず、自粛期間の今だからこそ周りを気にせず家で思いっきり麺をすすって、ラーメンを楽しんで欲しい、と言っています。








<今日のフレーズ>
今日はラーメンを美味しく食べるために必要なことについて語るSedrik氏のコメントをご紹介します!

"Et si vous voulez les déguster comme un vrai Japonais, sachez que ces nouilles ne se coupent jamais : elles s’aspirent… bruyamment. Il y a même un mot pour décrire le bruit que l’on émet en les dégustant, c’est le zuzutto, le but étant d’avaler du bouillon en même temps que les nouilles pour plus de saveur. Une sorte de « slurp » à la française. Plus on fait de bruit, plus on apprécie le plat."


「あなたがもし本場の日本人のようにラーメンを食べたいなら、麺を噛み切ってはいけません。音を立てて啜るのです。麺を啜るときの音を表現する<ズズッと>という言葉もあるくらいで、麺とスープを一緒に啜って味わうことで、より美味しくラーメンを食べることができるのです。<啜る>はフランス語では<slurp>と言います。音を立てれば立てるほど、料理を楽しめるのです。」






記事を読んでたら無性にラーメンが食べたくなってきました、、、。

もう数年来、機会が無くて、それに健康のためもあってラーメンを食べてないのですが、普段はそうでもないけど意識するともう食べたくてたまらなくなってしまいます。僕もラーメンは大好きなんです。。


でもやっぱり美味しいものは体に良くないっていうのが常で、美味しい(特に僕の好きなこってりなやつ)ラーメンほど、太りやすいし体には負担になってしまうなあー、なんて、およそ食を楽しむ資格の無いつまらないことを言っているのですが、たまには食べても罪にはならないよねー。


健康志向で尚かつめっちゃ美味しいラーメンっていうのは巷にはあまり無い気がしますが、どうなんだろう??パリのネコラーメンで出してるビーガンラーメンとか、そういうのがあったら食べてみたいなあー。日本のラーメンのターゲット層を考えるとあんまり需要がなさそうではありますが、健康に重点を置いた人なんかには受ける気もするし、そんな店があったら誰が教えて下さい!



このブログを書いている今はちょうど昼食前のお腹が最も空いているときであるというのもあって、書いているだけでお腹が鳴ってきてしまいます。ああ、辛い。




てことで、今日はこれでお終い!




À bientôt !!






↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!







にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ












フランス語ランキング


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ