こんにちは、カズマグナムです。

先日ものすごく風の強い日があって、迂闊にもついつい洗濯物を外に干しっぱなしにしていたのですが、案の定いくつか干していた服が飛んでいってしまってました。。マンションの12階からだったので、かなり遠くに飛んでったかもしれない、、、

その中には保育園の登園で着るスモック(結構高かった)もあって、洗い替えと合わせて2着しかなかったので、これは痛いなーと思っていたのですが、なんと!親切などなたかが拾ってくれていたらしく、家の近くの公園付近にハンガーで掛けてくれていました。

その服を拾った日はたまたま愛犬ポメマグナムの散歩でそこを通りかかったのですが、その道はいつもは散歩で通らないルートなので、その日に限ってなんとなくそこを通ったことで、奇跡的に飛んでった服を発見できたのです。


うーん、これには何だか運命的なものを感じてしまいます。これから何かいいことあったりして??他に飛んでった服も、そのうち見つかるといいなー。



さて、今日はリベラシオンの記事をご紹介しますー。



↓(リベラシオンの記事)

FullSizeRender


↓(記事のURL)






タイトルは、
「オーストラリアで、干ばつ対策として1万頭の野生のヒトコブラクダが殺される?」
という感じでしょうか。






先日起きた森林の大規模火災によって多くの野生動物が犠牲となったオーストラリアでは、高温や乾燥の問題が深刻化していますが、その問題を受け、オーストラリア先住民の居住地域であるAnangu Pitjantjatjara Yankunytjatjaraでは、5日間で10000頭のヒトコブラクダを殺す計画を発表しました。

オーストラリアの野生のヒトコブラクダは乾燥のため水を求めて生息地を広げており、先住民のコミュニティを脅かす存在となっています。さらにはウシなどと同じ反芻動物であるラクダは、ゲップによって環境中にメタンガスを放出するとされており、ラクダの除去によって温暖化対策にもなると先住民側は主張していますが、この政策にはインターネット上で批判の声も上がっています。

ラクダの除去政策はオーストラリアで以前から提唱されていて、昨年はオーストラリア北部のGoldfieldsで2500頭のラクダが殺されたようです。
これまでラクダは砂漠地帯での移動手段としてオーストラリアでは重宝されていましたが、個体数が増加しすぎたことによって有害であるとみなされるようになったことが背景にあるようです。



<今日のフレーズ>

今日はラクダの除去政策の方法と意義について語る一文をご紹介します。

"des snipers vont abattre depuis des hélicoptères 10000 dromadaires sauvages en Australie,en raison de la menace que constituent pour les populations ces animaux qui,du fait de la sécheresse,s’approchent de plus en plus de certaines localités pour y trouver de l’eau."

「乾燥が問題となっているオーストラリアでは、水を求めて人の居住地に移動するラクダの増加が脅威となっており、狙撃手がヘリコプターから10000頭の野生のヒトコブラクダを殺す計画を立てています。」






日本でも鹿や猿などの獣害に悩まされている地域ではその殺処分をめぐって賛否両論の議論が続いているようですが、このラクダの殺傷についてはちょっと規模がすごくて、流石にちょっとひどいんじゃない?って思ってしまいます。

勿論数だけで良し悪しを判断するのは良くないですが、その殺傷方法もちょっと乱暴すぎやしないかしら?でもまあ一頭一頭丁寧に安楽死とかしてたらキリがないっていうのもあるのかもしれないし、僕は所詮外野の人間なので何とも言えないですが、、、。10000頭っていう数も多いのか否かって考えると、もともとの推定数とががわからないので何とも言えない所です。


それと、ラクダが減れば温暖化の進行を抑えられるっていう理屈はどうも眉唾な気がするんですが、もし本当にそうであったとしても、人間一人ひとりの活動による二酸化炭素放出量のほうが多いんじゃないか?ゲップより自動車の方がよっぽど環境に悪そうだし、反芻動物が温暖化を進めてるとか言うけど、そもそも動物が過剰に増えたのも、もともとは人間が利用するようになったからではないのか??勝手に増やされて勝手に減らされるってのは、動物からすればいい迷惑だと思います。

日本では人口減が確実視されてますが、むしろこのままある程度減少した方が地球環境には優しいと思うのですが、、。そんなこと言うと非人道的って言われそうですが、無理に動物を殺すより自然減で人間が減っていく方がよっぽど良いんじゃないか?


なんて、色々なことを考えてしまいます。




てことで今日はこれでお終い!



À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ