子育てダンサーkazmagnumの、フランス語つまみ食い生活(海外時事ニュース)

なんとなく独学で始めたフランス語をダラダラ続けながら、 2人の息子(1歳児と2歳ポメラニアン)の育児に踊り狂っております

2018年12月

こんにちは、朝からダウナーな気分のカズマグナムです。

今日も週末っぽく朝食に食パンを作って、たまごサラダも作ってたまごサンドにしよう!と意気込んでいたのですが、不覚にも寝坊、、、
仕方がないので市販の食パンで、たまごサラダだけ作ってサンドにしました。奥さん楽しみにしてくれてたのに、申し訳ない。というのがまず1つ。

そして朝食後、息子カズマグナム2号とお風呂に入ろうとすると、今日は服を脱がせた瞬間から何故かギャン泣き。。
どうしようと思いつつも、2人とも服は脱いじゃってるのでとにかく急いで入ろう!という事で、いつもの1.5倍くらいのスピードでお風呂に入り、息子の体を洗っていましたが、その間もずっと泣き通し、、あたふたあたふた

早く着替えさせなきゃ!と、自分の体は適当に拭いて急いで脱衣所に出ると、足元で「パキッ」という無機質な音が、、、
あ〜嫌な予感がする。と、思って見てみると、案の定、僕の体の一部とも言える愛用のメガネ(通称カズメガネ1号)が、無残にも折れてしまっていたのでした、、がーん。。

ということで今日の朝は、ダウナーなのでした。でもこれで、今年の膿は全部出し切ったはず、来年は良い年になるでしょう!!


↓(壊れたカズメガネ1号)
IMG_4125



ちなみにこのメガネは大学生の時に、画家の藤田嗣治に憧れて買ったもので、それ以来ずっとお気に入りで使っているものなのです。悲しい、、直るといいけど
仕方ないので、今日からは予備のカズメガネ2号での生活です。


↓(藤田嗣治)
FullSizeRender



そして後で気づいたのですが、急いで着替えさせたので息子のパンツが裏表になってしまっていた、、もうむちゃくちゃです

IMG_4126





さて、今日は家にあったフランス語の詩集から一部を取り上げて紹介しようと思います。奥さんの私物ですが、勝手に拝借。。

ル・コルビュジェの「直角の詩」(勝手にそう訳しましたが、、)という本です。コルビュジェは建築家として超有名ですが、絵や詩なんかも多く出してるんですね〜。手書きの文字のデザインや挿絵も素敵で、眺めてるだけでも幸せな気持ちになれます。

IMG_4127


LE CORBUSIER

LE POÉME DE L’ANGLE DROIT (直角の詩)P48より

j'ai pensé que deux mains et leurs doigts entrecroisés expriment cette droite et cette gauche impitoyablement solitaire et si nécessairement à concilier.
Seule Possibilitè de survie offerte à la vie.

「2つの手と交差した指は、右手と左手が否応なく依存的で、共に必要不可欠なものであることを表している。
これが生命に与えられた、唯一の生き残る可能性なのだ。」


やっぱり詩って、解釈が難しいなー。
右手と左手は組み合わさって1つのものになるもので、どちらが欠けても成り立たない、お互いになくてはならないもの。そんな風に支え合って、生命は生きているのだ。

というような意味でしょうか??人と人との支え合いも意味しているのかもしれません。


勝手な訳と解釈なので、悪しからず、、、


ではまた!

↓以下のバナークリックして頂けると嬉しいです!小躍りします!よろしくお願いします!



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ






こんにちは、カレー大好きカズマグナムです。スパイスたっぷりのカレーをヒィヒィ言って汗かきながら食べるのが好きです。何かこう、体に溜まった悪いものを追い出してるような感じがして、、たまんないんですよね〜デトックス感あります。


思い返せば小学生の時に、一度カレーでお腹を壊したことがあってしばらく疎遠になった時期もありましたが、そんな困難を乗り越えて、今は大好きな食べ物の1つです。苦難を乗り越えた末の愛は、海くらい深いのです。


ところでうちの母は、お母さんあるあるなんですが、メールで変な文章(単語)を送ってきます。その代表例が「カレー」なんですが、母の文章ではなぜかいつも「ヵレー」になっています。

なんであえて難しい方に間違うのか??濁点を入れ忘れるとか、小文字にし忘れるとかなら百歩譲って理解できるのですが、なんであえて小文字にするのか?そもそもカに小文字はないだろ!てかどうやって発音するんだ??とか、色々疑念は尽きないわけです

「ヵ」の部分は小さく、「レ」にアクセントを置く感じですかね?なんか、陽気な感じの発音になってしまいますが、、、これは母なりにカレーの美味しさを表現しようとした結果なのだと、今は理解するようにしています。






いきなり話がそれてしまいましたが、今日書きたかったのはタイトルの通り「ワクチン」の話。今日はわが息子(カズマグナム2号)のB型肝炎3回目のワクチン接種日だったのです。


子どもが産まれるまでは、ワクチンといえば「インフルエンザ」っていうイメージしかなかった僕ですが、子どもが産まれてからいざ予防接種のスケジュールを見ると、その多さに驚愕!自分も小さい頃はこんなに打ってたのか〜、と妙に感慨にふけってしまいました。



↓一歳までの予防接種の種類とスケジュール↓
(※子育てアプリ「papa ninaru」のコラムから引用)
FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender


日本では定期予防接種は母子手帳に接種の状況が記録されるので、未接種であれば接種するよう勧められます。罰則なしの義務っていう位置付けです。

過去には未接種の場合罰則があったり、学校に進学できなかったりすることもあったようです。まあそりゃ当然といえば当然ですよねー、感染が広がったら困りますし。

最近のワクチンに関する話題では、風疹ワクチン未接種世代の30〜50代男性で風疹感染が相次ぐというニュースが記憶に新しいですね。やはり集団感染を防ぐという意味でも、ワクチンは重要だということですね。

そういえば、犬でもドッグランに行こうと思えばワクチン接種の証明が必要なので、毎年打つのが当たり前だし、ワクチンはある意味マナーっていう感じで捉えてもいいかもしれないですうちのポメラニアンももちろん打ちましたよん。

でも一方で、ワクチンによる弊害(副作用)がいくつか報告されてからは、半ば強制的な接種という風潮はなくなってきて、今みたいな形に落ち着いたみたいです。


ちなみにフランスでは(一応タイトルにフランスつまみ食いとか言っちゃってるので)、2018年から任意だった予防接種の多くが義務化されていて、未接種の場合の進学制限や罰則規定もあるみたいです。今まではワクチンの悪影響を懸念する人が多かったり、きっちり定期的に受けない人が多かったりで徹底されていなかった予防接種を、厳格化したということみたいです。

任意だったものが義務化されるようになった点では、日本と逆の動きになっていてちょっと面白いです。国民性とかもあるんですかね〜。


僕自身はワクチン接種の効果自体はある程度確かかなとは思いますし、反対活動家でもないので、社会生活を営む上ではまあ必要かな〜、って思って接種してます。

ワクチンの成分って何入ってるかはっきりよくわかんないからちょっと嫌だけど、接種しなかったら周りに迷惑かけるかもしんないし、
効果があるか無いかとか(特にインフルエンザとか)、害があるか無いかとか、色々データはあっても全部ほんとかどうか、一般ピープルの僕ごときが考えたところで答えは出ないし、
そもそもワクチン打たなかった人がほとんどいないから、打たなかったらどうなるかなんてわからないし、(風疹ワクチンの件はあるけど..)
何かの病気で「死亡者のうち○割はワクチン未接種でした」とか言っても、ワクチン未接種が死亡の真因かなんてはっきりしないような気もするし、
うだうだうだうだうだ、、、、、


何かワクチンって、安心をお金で買うっていう感じが保険と似てるな〜って思います。ワクチン打ったら安心、保険入ったら安心みたいな?でも本当は簡単に安心を買うというよりも、きちんと理解して納得しておくことが大切な気がします。本当に必要なものかどうか??って


とは言いつつ、とりあえず安心と平穏な暮らしのために、マナーと思ってワクチンは接種していきまーす



こんな親のあれやこれやの考えはそっちのけで
、今日のワクチンを終えて機嫌よく転がっているうちの息子。これからも頑張ってくれ〜


IMG_4115

↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!小躍りします!よろしくお願いします!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ



初めまして、カズマグナムです!32歳既婚です。

塾講師をしながら二児(0歳の息子、1歳のポメラニアン)の父として子育て奮闘中です。最近は特に息子に対する犬の嫉妬が半端なく、愛情の分配のバランスに悩まされています。2人を均等かつ同時に愛する方法を、誰か教えてください、、、

 

 

いきなりですが以下、僕の趣味を紹介します。

 

趣味①フランス語:

大学卒業後何年かして、1人でフランス旅行に行った帰りの飛行機の中で急に「フランス語勉強したい!」と思ったのがきっかけ。何故かはよくわからないですが、まあ衝動みたいなものですかね?25歳くらいの時だったと思います。ネットラジオ聞いたり、本を買って読んだりという感じで独学で勉強しました。

 

こちらは今もダラダラ続けていて、今はネットでフランスの新聞を読むのが習慣になってます。このブログでは、読んだフランスの新聞記事でちょっと気になったものなどを中心に紹介していきたいなと思っています。

 

フランスのニュースに触れることで新たな視点を得たり、視野が広くなる助けになればいいな〜、なんて

 

 

趣味②タップダンス:

高校生の頃からストリートダンス(ハウスというジャンルです)をしていて、今も細長く続けているのですが、大学卒業してすぐの頃にタップダンスと出会って、今はそれに没頭しています。

 

フレッドアステア、ジーンケリーの華麗なシアタータップや、グレゴリーハインズのグルーブ感溢れるストリートタップを映画で観て、「これや!」と思ってすぐにダンス教室に入門。没頭し過ぎて、30歳の頃にはタップダンスを習いに、はるばる本場ニューヨークにまでレッスンを受けにいきました。

 

今は育児生活のため踊る時間がなかなかありませんが、料理中や電車の待ち時間でついつい足を踏んでしまう、そんな毎日です。

 

 

趣味③パン作り:

週に一度、休日の朝はパンやベーグルなどを作っています。忙しい毎日の中で、週に一度くらいは時間をかけてゆっくり朝食を作りたいという気持ちで始めました。手ごねで作っているので手間も時間もかかりますが、自分の好みで色んなバリエーションの工夫が出来るのでほんと楽しいです。

 

パン作りのことなんかも、記事にしていきたいな〜と思ってます。だって、やっぱり手作りはおいしいんですもん。是非やってみてほしいのです。

 

 

趣味④映画:

東西和洋問わず何でも観ます。あ、でもホラーは無理です。血とかグロいのとか、勘弁してほしいです。20代の頃は毎週末映画館に通って、一日中映画観まくってた時期もありましたが、こちらも今は育児生活のためなかなか観れる機会が少なくなりました。

 

でも観た映画の紹介なんかもブログでしていきたいですねー

 

 

 

ということで、フランスの新聞記事の話題を中心に、趣味や生活にまつわる話などもブログに書いていこうかなと思っています。あと育児なんかも。できるかな、、

 

まずは続けることが目標!

 

ということで宜しくお願いします 


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!小躍りします!よろしくお願いします!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


「https://kazmagnum.work/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のまま当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事がありますが、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。

お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

当サイトの利用者がその内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。




このページのトップヘ