こんにちは、カズマグナムです。

先日は息子カズマグナム2号の保育園の運動会でした!運動会っていう響きが懐かしすぎて、何だか妙にワクワク。といってもカズマグナム2号はまだ1歳になりたてで歩けないので、出る競技は親が抱っこしながらの共同作業です。

2歳児より上はもう駆けっことか組み体操とか色々してて、いずれはカズマグナム2号もあんなことができるようになるのかー、としみじみ感じてしまいました。


↓(開会前。テント下は早々に場所取られてしまってます。来年からはちゃんと並ぼ。)

FullSizeRender



↓(運動会始まる前のカズマグナム2号。あんまり気合い入ってない感じです。)

IMG_5567



↓(開会式。年長さんがキレのあるパフォーマンスをしてくれました。5歳児ってすごいなぁ。)

FullSizeRender



↓(4歳児は跳び箱に挑戦してました。)

FullSizeRender


4、5歳児ともなると既に身体能力に結構差が出ていて、将来スポーツマンになりそう!って子もいたりで見ていて楽しかったです。


ちなみにカズマグナム2号が参加したのは「おうまパカパカレース」。コース手前のケースに入った人参を引き抜いておうまの引き車に子どもを乗せ、親がそれを引っ張ってゴールを目指すという競技でした。
もう既に歩ける子は自分で進みますが、基本は親が抱っこしてレースします。


↓(カズマグナム2号の参加した「おうまパカパカレース」)

FullSizeRender



カズマグナム2号は何故か人参をとるときに泣き出し、おうまに引っ張られるときは上機嫌になりと、激しい感情の起伏を見せましたが、何とか無事ゴール!
なんてことない競技なのに、妙に感動してしまうのが不思議です。これが親心ってやつかしら。


↓(参加賞をもらって満足げなカズマグナム2号)

IMG_5566



レースが終わってからは、ひたすら参加賞でもらったおやつを食べ続けていたカズマグナム2号。僕もその後保護者参加の棒引きに出場したのですが、そんなのには見向きもせずひたすらおやつを頬張っていました。なんて薄情なやつだ!


カズマグナム2号の通っている保育園の運動会は片付けを保護者も手伝う習わしのようで、そんなところでも保護者と先生でちょっと交流がもてたりするのでいいなあと思いました。何でも保育園任せにしちゃいけないですよー、っていう姿勢なのか?でもしっかりしていて良いですね。


そして、保護者競技の棒引きに参加した僕カズマグナムは翌日から体があちこち痛くてボロボロです。めっちゃ棒を引っ張ったので、とくに背筋がミシミシします。たった5分くらいの競技でこんなに体に応えるのかー、とかなりショックを受けてしまいました。歳って嫌ですね。



てことで、今日の(自己満足)ブログはこれでお終い!


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ