こんにちは、カズマグナムです。

以前何度かお伝えしたように、新築マンションを大阪市内に購入した僕カズマグナム(決して資金に余裕があるわけではありませんが、、、)。そろそろお引っ越しの事も考えなきゃなー、ということで、今回は色んな引っ越し業者に見積もりを依頼した上で、何処が一番良かったのかを検討してみようと思います!


ちなみに先に言っておくと、新築マンションの入居は普通の引っ越しとはかなり勝手が違います。これは見積もりを通して初めて知りましたが、知らないと結構損してしまうかもしれませんのでご注意をば!



<新築マンションの入居日は自由に選べない場合がある>

新築マンションの引っ越しはいつでも好きな時に引っ越しできるわけではなく、「入居開始日」が決まっています。僕の場合は今年の8月31日(土)が入居開始日でした。運悪く月末の休日なので、引っ越し代が高いのは目に見えています。だからといって、もし混雑を避けようとしてその翌日以降に引っ越ししようとすると、その翌日はもう9月に入ってしまうため、前住居に住み続けるとすればその賃貸料がまた1カ月分無駄に発生してしまいます。そう考えると、実質8月31日(土)しか選択肢はないわけです。なので、引っ越しの日時の自由度は限りなく低いということになります。

なので、入居開始日は事前にチェックしておくのがよいですね。



<新築マンションの一斉入居には、"幹事"なる引っ越し業者が存在する>

なんのこっちゃ?と思われるかもしれませんが、新築マンションの一斉入居は1日に相当な世帯の家族が同時に引っ越しを行うことが見込まれるので、混乱を出来るだけ避けるために、引っ越しのタイムスケジュールを取りまとめたりトラックの出入りを調整するためのリーダー的な業者が1社割り当てられるようです。大概は大手の引っ越し業者で、僕の購入予定マンションの幹事は「サカイ引越センター」でした。

賃貸とか一戸建て、中古のマンションとは違ったこういう制度があるために、引っ越し業者も実質的には自由に選べないという実情があります。

なぜでしょうか?



<新築マンションの一斉入居では、幹事業者以外の引っ越し業者が入る余地はほとんどない>

新築マンションの一斉入居は「先着順」となるので、早く着いた引っ越し業者から荷物を搬入することができます。逆に言うと、先約があれば、その荷物の搬入が終わらない限り「待ち時間」が発生してしまうのです。

この「待ち時間」を、各引っ越し業者はものすごく嫌がります。

幹事である引っ越し業者(僕の場合サカイ引越センター)は、自社の都合の良いように引っ越しの段取りを組むことができますし、他の入居者の引っ越しでもお互いに助け合ってスムーズに流れるようにしてくれますが、他社の引っ越し作業にはそんな配慮は全くありません。先着順とは言いつつも、ひたすら後回しにされて半日以上かかることも大いに考えられます。

引っ越しで待ち時間が発生すると、当然その分の追加料金が発生してしまいます。それが数十分とかなら知れてますが、こういった引っ越しの場合どれだけの待ち時間が発生するか全く予想できません。

幹事以外の引っ越し業者からすると、待ち時間が読めない引っ越し作業は、見積もりすらきっちり出せないことになるのです。たとえ見積もりしてくれたとしても、幹事業者より安い値段になることはまず無いと考えられます。



<実際に比較見積もりしてみると?>

とはいえ、他と比べることなくそんな簡単に引っ越し業者を決めるのは嫌だったので、一応何社か訪問見積もりの依頼をしてみました。


依頼したのは以下の5社です(見積もり依頼した順)。

①アート引越センター

②サカイ引越センター

③レジェンド引越しサービス

④アップル引越センター

⑤町の引越屋さん

⑥ラグレス引越サービス


①、②は言わずと知れた大手業者で、③〜⑥は安いという口コミが多い中小規模の引っ越し業者です。


まずこの⑥つの業者のうち、⑤の町の引越屋さんについては、そもそも新築の一斉入居は受けていないという返事で、訪問見積もりの段階で断られています。そして、④のアップル引越センターについては、とりあえず訪問見積もりには来てくれましたが、詳しく話を聞くや否や「お受けできません」と言って見積もりもきちんとしないまま帰ってしまいました。

③のレジェンド引越サービスは、話を聞いた上で「他業者に依頼するリスク」を滔々と説明した上で一応見積もりは出してくれました(かなり嫌そうでしたが、、)。ただ、値段は②のサカイ引越センターより3万円くらい高く、「サカイさん並に下げるのは無理」とはっきり言われてしまいました。

①のアート引越センターは、まあ大手なのでそもそもの値段が高く(レジェンドよりさらに2万円くらい高かった)、幹事業者でもない以上依頼する理由は全くないなということで、さらっとその場は切り上げてしまいました。

⑥のラグレス 引越サービスは嫌がらずに見積もりをしてくれた上に、値段だけみると一番安かったです。トラック1台では運びきれないので2往復分の値段、待ち時間を考えて一日トラックを貸し切り、追加料金なしでサカイ引越センターよりも2万円くらい安かったです。ただ、段ボール代は別になる(1万円ちょっと?)ので、結局は1万円くらいの差になります。

とはいうものの、1万円くらいの差なら、安心できる大手で幹事のサカイ引越センターにお願いするのが、妥当なように思います。作業がいつ終わるかわからないというのもネックですし、、、

ということで、ほとんどの業者がまともに見積もりすら取ってくれないというのが結果でした。切ない。。



<結局は幹事業者にするのが一番良い?>

これまで見てきたように、大手は高いから格安業者で出来るだけ安く!という引越しのセオリーは、新築マンション一斉入居の場合は難しいことがわかりました。つまり、価格と安心感のバランスを考えると、選択肢は幹事である引越業者(今回はサカイ引越センター)のほぼ一択となってしまうわけです。
安さだけを追求するならラグレス引越サービスでもいいのですが、やっぱりスムーズに引っ越ししたいし、安心感も欲しいというのはあります。

とはいえ、それで足元を見られて高くふっかけられるのは癪にさわるので、今回はサカイ引越センターさんには結構頑張ってもらいました。かなり早めに見積もり依頼したというのもあって「最低これくらいには抑えたい」という額はとりあえずクリアしましたし、それ以上に幹事業者である安心感も大きいです。



割高になる日程の割に、まあそれなりに納得できる額で引越しできるようになったので、ひとまず安心。それにしても、引越しって色々ややこしいんだなーと、改めて思いました。


もう引越ししたくない!できれば。。




てことで、今日はこれでお終い!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ