子育てダンサーkazmagnumの、フランス語つまみ食い生活(海外時事ニュース)

なんとなく独学で始めたフランス語をダラダラ続けながら、 2人の息子(1歳児と2歳ポメラニアン)の育児に踊り狂っております

主にフランスの新聞(ルモンド、リベラシオン、フィガロの3紙)の記事と、その中のフランス語フレーズをご紹介しています。仏検対策なんかにいいかも??なんて思ったり。

あと、日常生活の事なんかもたまーに挙げていこうと思ってます!

よろしくお願いしまーす。

こんにちは、カズマグナムです。


僕の住む大阪は緊急事態宣言を受けて、1ヶ月の外出自粛。さて、どう過ごすべきか??息子カズマグナム2号がいるので、おうちでゆったり映画三昧ってわけにもいかないので、悩ましい所です。まあとにかくのんびりして、ちょっと公園に散歩にいくくらいかなー。

今年のGWは例年になく長く感じる連休になりそうですねー。




さてさて、今日のつまみ食いフレーズはこれ。


FullSizeRender



「ピクサーの映画ひとつひとつには、次のピクサー映画の内容をほのめかす情報が含まれている。」




めちゃめちゃ注意して観ないとこんなの気付かないですよねー、てかそれを気にしすぎると映画の内容が頭に入らなそう。。





それではまた。


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


こんにちは、カズマグナムです。

今ちょっと話題になってる「コンテイジョン」という映画をみました。
2011年に上映されたスティーブン・ソダーバーグ監督の作品で、未知のウイルスのパンデミックが題材となっており、現在世界を震撼させているコロナウイルスのパンデミックをそのまま描いているような内容に、「まるで事態を予知していたかのようだ」と再評価されているのです。

FullSizeRender


冒頭から何か不安を煽るようなカットが続き、さっきまで普通だった生活があっという間に混乱に陥っていく様子が、本当に今の世の中をそのまま映しているみたいでびっくりしました。もっと前にこの映画を観ていたら自分自身の危機意識はかなり違っていただろうなーと思うくらい、考えさせられる、本当にしっかり作り込まれた作品だったと思います。それにキャストもめっちゃ豪華。


今更ではありますが、自粛生活の息抜きに(内容的に全然息抜きにはならないですけど、、、)是非観てみては如何でしょうか??




てことで、今日も記事のご紹介でーす。


↓(リベラシオンの記事)

FullSizeRender




↓(記事のURL)







タイトルは、
「小さな手と隠れた善人」
という感じでしょうか?



※hypocrisieを訳すと「偽善」になるのですが、どうもそれだと文章の内容と合わないので、ちょっと手を加えてしまいました。





コロナウイルスの影響で外出自粛や生活必需品を除く企業・店舗の営業活動が禁止になっており、互いに接触もできないような隔離生活が続いている中、普段は中々見えてこない「les petites mains(小さな仕事)」が如何に私たちの生活を支えているかが明るみに出るようになっています。


例えば「caissières(レジ係)」、「livreurs(配達員)」、「manutentionnaires(給仕係)」、「ambulanciers(救命士)」といった仕事に就く人は、私達の生活の基盤を保ってくれています。
ですが一方でこういった従事者は、不特定多数の人との接触による高い感染リスクを避けられない苦境に立たされてもいるのです。


危機的状況であるにも関わらず、国のため・自分の生活のために、危険を犯してでも働かなければいけない境遇に涙するこのような人達の姿はテレビでも取り上げられており、それが人々の共感を呼び、マクロン首相も彼らに対する感謝の言葉を示しています。

ただ、必要なのは共感だけではなく、彼らに対する実質的な処遇の改善であるとの批判もあり、今回の危機が不安定な労働者の何らかの状況改善につながるかが危惧されています。




<今日のフレーズ>
今日は、苦境に涙する女性労働者の映像をTwitterでシェアした際の、マクロン首相のコメントをご紹介します。

"Merci Madame. C’est grâce à vous et vos collègues que nous pouvons, tous ensemble, lutter contre le Covid-19."

「ありがとうマダム。私達が生活できるのはあなたや、あなたの同僚の方々のおかげです。みんなで共にコロナウイルスに立ち向かいましょう。」




僕が毎日息子カズマグナム2号を預けている保育園は、自宅保育を要望はするものの、それが難しい場合には園児の受け入れを続けてくれています。こんな状況でも働いてくれている保育士の先生方の心労は大変なものだと思いますが、一方で保育士の待遇は改善される気配もありません。仕事にはやりがいを感じながらも、収入が充分でないという理由で辞めてしまう人もきっと多いのではないかと思います。どんなにやりたい仕事でも、生活できなければ意味がないですから。

その他にも、生活必需品を売る店や病院、公共交通機関、福祉施設など、危機の際でも僕達の生活の基盤を支えてくれている仕事は沢山ありますが、それに見合った手当てや収入が充分に得られているとは思えません。

そういった仕事のありがたみを普段は余り考えないですが、今回の危機でそれがよく見えてきたのではないかと思います。
てか、こんな危機に陥るまでそういった「日の目を見ない人々」を無視してきた政府の責任は非常に重いと思います。


せめてこれを機に、市井の人々の暮らしにもっと目を向けた政策に舵を切ってもらいたいところです。



安部首相も、マクロン首相のようにダイレクトな言葉を発信すれば、ちょっとは人々の気持ちが楽になるんじゃないかと思うんですけどねー。



てことで、今日はこれでお終い!


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ









こんにちは、カズマグナムです。


最近急に体重が増えてきました。一月くらいから比べると3キロくらい、、。といっても「急に」というのはまあ言い訳で、実際は何かちょっと増えたなーっていう程度であまり気にしてなかったのが、いつの間にか積み重なってしまっていたのです。むむむ、さすがにここいらで対策せねば。


ということで、現在目下ダイエット中です。具体的には、おやつ禁止・夕食減量。特におやつは最近割と無際限に食べてたので、ここらで思い切ってゼロを目指します!そしておやつ禁止の反動で夕食を食べすぎないように、寝るまでの必要エネルギーなんてたかが知れてるはずなので、脳の欲求に騙されないように頑張ります!



この禁欲生活の先に、きっと明るい未来が待ってるはず。





てことで、気を取り直して今日もフランス語紙のご紹介でーす。



↓(Oh Chouetteの記事)

FullSizeRender


↓(記事のURL)







タイトルは、
「なぜヒマラヤ岩塩はそんなに高いのか?」
という感じです。






私達の食卓には欠かせない「塩」と聞くと、通常は白い粉末や結晶をイメージすると思います。ですが、市場には「ヒマラヤ岩塩」という名で知られる、ピンク色の通常の塩とは含有物の割合がわずかに異なる「高級塩」も存在します。値段は種類にもよりますが、通常の塩の3倍程の値段になっています(記事では20倍と書かれていますが、、)。

このヒマラヤ岩塩、なぜこんなにも高いのでしょうか?結論から言うと、高価格の理由はマーケティングによるもので、ただ良さそうなイメージがあるから高く値段設定されているだけにすぎないのです。がーん。


ヒマラヤ岩塩は食用だけでなく、入浴などにも使われるなど幅広い用途で使われており、免疫力アップなど健康への効能も謳われているようです。実際ヒマラヤ岩塩には84の微量元素が含まれていると言われており(リン、臭素、ホウ素、亜鉛など)、全体の構成成分は98%が塩化ナトリウムで、残り2%がそれらの微量元素の含有量になります。ですがこれほどわずかな量の微量元素が健康に影響を与えるとは考えにくく、むしろその分ナトリウム含量が減ることの影響も考えられないことはありません。

また、ヒマラヤ岩塩は添加物がなく食卓塩よりも自然であると考えられていますが、実際には固化防止剤が含まれています。

では採掘や精製コストが高いから値段が高くなるのかというとそうでもなく、例えばKhewra岩塩坑の年間生産量は35万トンにものぼるようで、資源量も豊富にあると考えられています。



<今日のフレーズ>
今日は、ヒマラヤ岩塩の値段に相応の根拠はないと語るコメントをご紹介します。


En effet, il est probable que l’unique responsable du prix exorbitant du sel rose de l’Himalaya est sa commercialisation si habile que l’on pourrait penser que c’est vraiment un produit de luxe qui aurait un goût supérieur. 

「実際、とんでもない高価格の唯一の最もらしい原因は、ヒマラヤ岩塩が巧みに商品化されているため、人々がそれを本当に味のいい上質なものだと考えてしまうことにあるかもしれません。」





色んな健康食品や調味料などが世には出回っていますが、科学的根拠に乏しいものも少なくないのではないでしょうか??確かに普通の塩よりもヒマラヤ岩塩の方が綺麗だし、無意識のうちに「普通のとは違う=良いもの」、「値段が高い=良いもの」っていう刷り込みがされちゃってて、「高くても体に良いなら買っちゃおう」ってなるパターンが多いのでは?

実際はそういった心理を巧みに利用したマーケティングに僕たちが騙されているだけっていうケースも多々ありそうですが、こういったケースでよくあるようにお金をつかまされた「専門家」がそれらしいコメントを出したりすると、中々真偽を見分けることは簡単ではありません。


結局は自分でしっかり情報収集して、自分の頭で考えて判断する以外には無いよなーと思います。簡単に膨大な情報にアクセスできる時代だからこそ、敏感にならなければ。。





てことで、今日はこれでお終い!


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
























こんにちは、カズマグナムです。


最近徐々に体重が増えてきてて、ちょっと危機感を抱いてます。最初は「すぐ戻るだろー」って感じであまり気にしてなかったのですが、気づいたら3キロ近く増えていて、これはまずいぞと。


てことで、4月に入ってからおやつを制限し始めました。これまではついつい目に入ったら食べてしまってたので、なるべく見ないようにして、、、、



いつまで続くかなー?とりあえず元の体重に戻るまでは頑張ります!




さてさて、今日のつまみ食いフレーズはこれ。


FullSizeRender


「カンガルーは後ろに下がれない。」




カッコいいような感じもするけど、なんかすごい切ない。





それではまた。


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


こんにちは、カズマグナムです。

最近は色々なニュースを探そうとしても、コロナウイルス関係の記事がほとんどで、多様なトピックを扱いたいと思っていてもいい感じの面白い記事を見つけるのがちょっと難しいです。。こんな所にもコロナ渦が、、、

まあ仕方ないよなー、と思いつつ記事を物色しましたが、今日は結局コロナ関連の記事をご紹介することにしました。それだけみんな関心があるってことなんでしょうねー。幸い僕は今のところ仕事には大きく影響を受けてませんが、それでもこれからどうなることやら??



てことで、今日のトピック。


↓(Oh Chouetteの記事)

FullSizeRender


↓(記事のURL)







タイトルは、
「ゲーマー達はコロナウイルスの影響で<妥当な時間内>で遊ぶことを強いられる」
という感じでしょうか?






世界的に蔓延するコロナウイルスの影響により飲食店や学校など様々な産業が自粛や閉鎖に追いやられてしまった結果、家庭などでインターネットを利用して過ごす人が増え、ネット空間が飽和状態になりつつあります。そのためネットゲームをする人はネットワークの混雑緩和のため、プレイ時間の制限などを受けているようです。

フランスではコロナウイルス感染防止のための外出禁止の施策は少なくとも3ヶ月ほど続くと考えられており、その間のネット利用自体を抑制することは現実的に難しい状況です。
実際、ゲームの販売や環境サポートサービスなどに特化したプラットフォーム「Steam」の登録者は2000万人に達しており、ネットゲームの利用者の増加は顕著になっています。

そんな中ネットワーク関係の企業の中には、ネット利用時間を制限したり(BTやVirgin Media)、動画の画質を抑えることで利用環境を整える(NetflixやYou Tube)ことで、混雑の緩和を図っている所も出てきています。


<今日のフレーズ>
今日は、やむを得ずネット利用が増加する状況を語る専門家のコメントをご紹介します。

"D’après Rik Henderson, expert dans le domaine, ce phénomène est malheureusement inévitable puisqu’il s’agit de l’un des seuls moyens qui permettent l’interaction sociale « sans risque d’infection »."

「この分野(インターネットゲームについて)の専門家であるRik Henderson氏は、(ネットの利用が)<感染リスクなしで>社会的相互関係を持つための唯一の手段であるため、この現象(ネットゲームの利用が増加していること)は不幸にも避けられないものだと語っています。」





小さい子どもだったら、近くの公園でちょっと遊んだりとか散歩するくらいである程度ストレス発散はできるかもしれませんが、大人は中々そうもいかないでしょうねー。
外出禁止(あるいは自粛)で遊びには行けないし、テレビ番組は同じようなニュースばっかりやってたりしてつまらない、本やDVDを借りるのも難しい状況ってなったら、もうネットが唯一の手段になってしまいます。

そんな中、利用者が多すぎてネットが混雑してるからってことで、今度はネット利用まで仮に制限を受けるとすると、もはやどうやって過ごせばいいのかわからない!って人も沢山出てきそう。。

そして、そんな状況に耐えられない人が自粛を振り切って外出してしまって、結果ウイルスの感染拡大に繋がってしまうということが、日本のみならず世界中あちこちで起こっています。

勿論そういった他への影響を考えない自分勝手な行動は許される事ではないのですが、一方でそうせざるを得ない状況に追いやられている人々も沢山いるというのは事実です。
そうならないように、ネット環境を整える(容量を一般利用者向けに増やすとか、利用状況を随時可視化できるようにして混雑を避けるよう促すとか何とか、、よくわからないですが。。)ことは出来ないんですかねー?企業活動も停滞してるなら、企業が利用していたネットの回線を一般向けに一時利用したりとか、無理なのかしら?


その辺の知識は疎いのでよくわからないのですが、まあこの際、どんな暇な状況にでも耐えれるように訓練しておくというのも、今後の危機に備えるという意味では大事なのかも?人は娯楽にあまりにも慣れすぎているのかもしれない。



僕だったら何するかなー?筋トレとかダンスの練習とか思う存分できるかも?まあそれも限界があるだろうし、難しいですねー。



てことで、今日はこれでお終い!


À bientôt !!


↓2つのバナークリックして頂けると嬉しいです!!よろしくお願いします!





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
















このページのトップヘ